皮膚治療 | あいあいペットクリニック

あいあいペットクリニック
044-587-9557
〒212-0057神奈川県川崎市幸区
     北加瀬1-7-24
※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  眼の治療

眼の治療

お問い合わせ先 電話:044-587-9557
 

眼の治療について(ワンちゃん)

1.核硬化症

 老化現象で、目が青白く見えることがあります。
 『白内障では?』とご心配になられて来院されることがありますが、
 簡単な検査で白内障との区別が可能です。
 ちょっと目が白いかな?と感じたときはご来院ください

2.白内障

 高齢のワンちゃんに多い病気で、文字通り目が白くなり
 進行すると視力も失われてしまいます。
 初期の段階で白内障であるとわかれば、病気の進行を遅らせる
 薬(点眼・内服)があります。
 ある程度病気が進んだ状態になってしまったときは手術をすることにより
 視力を回復させることが可能な場合があります。
 手術が必要の場合は、眼科の専門病院をご紹介いたしますので安心してください。

3.ぶどう膜炎、緑内障

 目が充血している、目を前足で掻いたり、床にこすりつけたりしている。
 いつもより多く涙が出ている、充血している、急に眼が白くなった!・・・
 などの症状がある場合は、ぶどう膜炎、緑内障の可能性があります。
 そのままにしていると急速に視力を失うことにもなりますので、
 時間をおかずにすぐ受診してください。

4.ドライアイ

 パソコンやコンピューターゲームなどをしていないのにわんちゃんも
 『ドライアイ』になります。
 涙ヤケ、目の表面の傷、目の充血・・・がある場合、涙の成分のバランスが
 崩れてドライアイになっていることがあります。

 プードルやシーズーなど目のまわりに毛が多い犬種のよくみられる疾患です。
 検査をして、ドライアイであれば点眼薬などで治療します。

5.外傷

 パグなどに多く見られる疾患で、散歩で草むらなどに入ったときに、目が傷ついてしまい
 そのままにしていると、角膜に色素が沈着したり、目の表面が削れたりします。
 わんちゃんの目が傷ついて、気にしているときは早めに受診してください。
 

眼の治療について(ネコちゃん)

1.結膜炎

 子ねこの風邪でよくみられる症状です。くしゃみを伴い、涙目になっていることが
 多いです。
 ウイルスによるものが多く、そのままにしていると一生涙目のままになったり、
 重症の場合は失明してしまうこともあります。
 インターフェロンなどの抗ウイルス剤などで治療を行います。